ADHDかなと思ったら


ADHDとは注意欠陥・多動性障害(Attention Defecit / Hyperactivity Disorder)の頭文字をとったもので、発達障害のひとつでいわれる障害で、主な特徴としまして多動性・不注意・衝動性を症状などがあります。

スポンサードリンク



☆★☆★☆★☆★☆★☆

ADHDってそもそも何?

☆★☆★☆★☆★☆★☆
ADHDとは

ADHDとは注意欠陥・多動性障害(Attention Defecit / Hyperactivity Disorder)の頭文字をとったもので、発達障害のひとつでいわれる障害で、主な特徴としまして多動性・不注意・衝動性を症状などがあります。

2000年に発刊された、DSM−W_TR(『精神障害の診断と統計の手引き』(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders ))では、行動障害として分類されています。

どんな病気なの?

小学校に入学するくらいに、じっとしていることを強いられる環境になって、落ち着きがない、そわそわしている、すぐに飽きてしまうというような症状が顕著に発見できるようになってADHDかもと気づく場合が多いと言われてます。

俗に「多動症」「ハイパーアクティブ」などとも言われていて、

1.集中力が長続きしないで、注意が散漫になる

2.じっとしていることができず、絶えず、落ち着かず動き回る

3.衝動的ですぐに興奮しやすい

などの症状が見られて、アメリカでADHDの患者数は推定200万人と、日本でもかなりの数が報告されています。

Topに戻る

©ADHDかなと思ったら