ADHDかなと思ったら


ADHDの究明は進んでいるようですが、具体的にADHDがどうして発症するかは解明されていないようです。一般的には、一卵性双生児が極めて高い頻度でともにADHDを発症したり、血縁者に共通していたりするので、遺伝的要素が強いのではとされているようです。

スポンサードリンク



☆★☆★☆★☆★☆★☆

ADHDの原因って

☆★☆★☆★☆★☆★☆
未だ解明はされていません

ADHDの究明は進んでいるようですが、具体的にADHDがどうして発症するかは解明されていないようです。一般的には、一卵性双生児が極めて高い頻度でともにADHDを発症したり、血縁者に共通していたりするので、遺伝的要素が強いのではとされているようです。

『前頭葉』に原因があるかも

ADHDの多くは、脳の『前頭葉』と呼ばれるところの活動が低いとされています。『前頭葉』は、物事を考えたり、情報を整理する場所とされています。ここで、いていいこと、悪いことをコントロールしたり、感情をコントロールしたりします。人間の脳の中で、一番発達した部位とも言われているようです。

もし、この『前頭葉』の活動が低いと、ありとあらゆる情報が脳に雪崩れ込み脳の思考回路をパニックにします。その為、いろいろなことを中途半端にやりだしたり、集中力がすぐになくなったり、物忘れがひどかったりしてしまいます。

なぜ『前頭葉』がうまく機能しないの

前頭葉の機能が低下する理由として、『神経伝達物質』ドーパミンの排出機能があまりうまくいっていないとされています。ドーパミンは、極度なストレスや興奮を感じたら、排出量を増やすと言われています。なので、締め切りぎりぎりの仕事や、大好きなことをやっているときなどは、ドーパミンが大量に放出されて、驚くような集中力を発揮することがあります。

Topに戻る

©ADHDかなと思ったら